• ICHINOSEKI KOSEN
  • life
一関高専Life!
一関高専life

硬式野球部

野球部

硬式野球部は主に野球グラウンドで活動しています。雨天時やオフシーズンは体育館や校舎で体力トレーニングをします。

1年~3年生までは「高野連チーム」として甲子園を目指し日々練習に励んでいます。夏の選手権県大会の他、春・秋の県大会地区予選が公式戦となります。3年の夏が終わると高野連チームからは引退するかわりに4年生および5年生の「高専チーム」に入り、今度は東北地区高専体育大会、そして全国高専体育大会を目標とします。平成26年第49回全国高専体育大会硬式野球競技では、見事全国優勝を成し遂げました!

部員数

男子 31名

女子  2名(マネージャー)

最近の記録

■第63回春季東北地区高等学校野球岩手県大会一関地区予選
対一関学院 7-0 ●
対大  東 8-2 ●
■第98回全国高等学校野球選手権岩手大会
対千  厩 10-0 ●
■第69回秋季東北地区高等学校野球岩手県大会一関地区予選
対千  厩 7-0 ●
対一関修紅 3-1 ●
■第53回東北地区高等専門学校体育大会 八戸大会
対仙台高専広瀬 0-6 ○
対仙台高専名取 11-3 ●

中学生の皆さんへアピール

室内練習場もありませんが、厳しく楽しく練習しています!競技経験が無くても、優しい先輩が丁寧に指導します。女子マネージャーも募集しています!

ソフトテニス部

ソフトテニス部

ソフトテニス部は校舎の北側に隣接したテニスコート3面(全天候型オムにコート2面、オイルサンドコート1面)で活動しています。

1~3年生は高校総合体育大会や高校新人大会に男女とも団体戦、個人戦に参加しています。男子の目標は団体戦県大会ベスト8、個人戦県大会ベスト32です。女子は団体戦県大会ベスト16、個人戦県大会1回戦突破です。

ソフトテニス部の一番の目標は高専体育大会で全国優勝することです。この大会は実力があれば1~5年生から学年に関係なく出場できます。東北6高専から7チームが参加し、7月初旬に東北地区大会が開催され、優勝チーム(3年に1度の割合で準優勝チームも)が8月開催の全国大会に出場できます。

部員数

男子 32名

女子 10名(選手、兼マネージャー1名含む)

最近の記録

■第68回岩手県高等学校総合体育大会ソフトテニス競技県大会(2016.6.3-5)

  • 男子団体戦:ベスト16
    1回戦 ② - 1 岩泉高校
    2回戦 ② - 1 一関学院高校
    3回戦 1 - ② 高田高校
  • 女子団体戦:ベスト32
    1回戦 ③ - 0 住田高校
    2回戦 0 - ② 高田高校
  • 男子個人戦:1回戦敗退(熊澤・鈴木ペア)
    1- ④ 阿部・泉(岩手高校)

■第53回東北地区高等専門学校体育大会(八戸大会)ソフトテニス競技(2016.7.2-3)

  • 男子団体戦:ベスト4
    予選Bリーグ
    ② - 1 八戸
    ② - 1仙台(広瀬)
    0 - ③ 福島
    決勝トーナメント
    準決勝 1 - ② 鶴岡
    3位決定戦 0 - ② 福島
  • 女子個人戦:ベスト4(須藤・沖野ペア)
    予選Cリーグ
    ④ - 3 古川・福田(福島)
    ④ - 2 井上・佐々木(仙台広瀬)
    決勝トーナメント
    準決勝 0 - ④ 粒来・田中(八戸)
    3位決定戦 3 - ④ 沢谷・小笠原(八戸)
  • 男子個人戦:ベスト8(阿部・黒沢ペア)
    1回戦 ④ - 2 長瀬・我妻(仙台広瀬)
    2回戦 ④ - 3 髙橋・乙山(福島)
    3回戦 2 - ④ 石塚・菅原優(鶴岡)

■第61回岩手県高等学校新人大会ソフトテニス競技県大会(2016.10.12-14)

  • 男子団体戦:1回戦敗退
    1回戦 1 - ② 宮古商業
  • 女子団体戦:1回戦敗退
    1回戦 1 - ② 大船渡東高校
  • 男子個人戦: 2回戦敗退(小松・鈴木ペア)
    2回戦 3 - ④ 平野・熊谷(盛岡工業)

中学生の皆さんへアピール

中学校でソフトテニスの経験がある人でも、ない人でも、楽しく活動している部活ですから、ぜひ入部を考えてみてください。1年生から高総体あるいは新人大会の個人戦には出場できます。その他、OB会や高専祭での模擬店出店なども行っています。全国優勝を目指して楽しく、そして厳しく練習しませんか。

ソフトテニス部紹介動画

ソフトテニス部 PR動画

陸上競技部

陸上競技部

陸上競技部は高専内に300mのグランドと投てき専用ゲージネット、跳躍専用場があり、練習施設には恵まれた環境の中で日々練習しております。活動は種目(短距離・中長距離、跳躍・投てき)毎に、練習計画を立てて練習しております。部活の目標「1600mリレーで全国大会へ」を掲げ、日々、継続的な練習を続け、毎年実現できております。練習の成果は、高体連での東北大会出場、高専全国大会での多くの入賞を得ております。岩手県高校駅伝や岩手日報駅伝では上位入賞を目標に頑張っております。日々、楽しく練習をしております。

部員数

男子 26名

女子  4名

最近の記録

■高校大会

地区大会、県大会、新人大会に出場。高校駅伝出場。高校生と競うことができます。

■高専大会

第53回東北地区高等専門学校体育大会(秋田) 多くの上位入賞。

第51回全国高専体育大会陸上競技(名古屋)

4×400mR6位、400m7位、800m4位、1500m8位、5000m7位、3000mSC6位。

■県内大会

みちのく陸上、春季大会、岩手県選手権、国体予選、秋季大会、日報駅伝等の各種大会で活躍してます。

中学生の皆さんへアピール

練習施設が充実し、その上、ナイター照明も完備してあります。こつこつと練習を繰り返し、部員全員が記録更新を目指しております。優しい先輩が丁寧に教えてくれます。みんなで、種目毎に、楽しく練習しております。

競技経験が無くても、大歓迎です。練習を見に来てください。マネージャーも募集しています!

陸上競技部-紹介動画

陸上競技部 PR動画

バレーボール部

バレーボ−ル部

バレーボール部は男女それぞれでチームがあり、各種大会での上位入賞を目指して活動しています。

男子部の1年~3年生は高体連主催の大会に出場しており、インターハイや「春の高校バレー」で知られる高校選手権大会への出場を目指し活動しています。さらに1~5年生まで全員を含んだチームは「全体チーム」として高専体育大会や一般のチームが参加する大会へ参加します。普段の練習は1年生から5年生までが一緒に練習しますが、上級生がリーダーシップをとって活動しますので、高体連チームは普段から大学生と同じ年代の選手と一緒に練習できる環境にあります。

女子部は近年、人数の関係で全体チームのみの活動になっていますが、1年~3年生のメンバーが多いときには高体連の大会にも出場した実績があります。

部員数

男子部 23名(うち女子マネージャー4名)

女子部  7名

最近の記録

【男子】

■第63回岩手県高等学校新人バレーボール大会

ベスト16

■第68回全日本バレーボール高等学校選手権大会 岩手県予選会

ベスト16

■第67回岩手県高等学校総合体育大会バレーボール競技

ベスト16

■第53回東北地区高等専門学校体育大会 八戸大会

第2位(全国大会出場)

【女子】

■第52回東北地区高等専門学校体育大会 宮城大会

第3位

中学生の皆さんへアピール

男女ともに、勝利を目指し「楽しく」「一生懸命」練習しています。高専に入学してからバレーボールを始めた選手も多く、それぞれが試合で活躍しています。また、運動は苦手でもマネージャーやアナリスト(データ分析を専門的に行う役職)としてチームに貢献することもできます。

私たちと一緒にバレーボールを通じ、充実した高専生活を送ってみませんか。

バレーボール部-紹介動画

バレーボール部 PR動画

バスケットボール部

バスケットボ−ル部

バスケ部は主に第二体育館で活動しています。休養日は週に2日(月曜日と土曜日か日曜日のいずれか1日)とっています。各種大会前の強化練習期間を除き、1年生から5年生まで同じメニューで揃って練習に励んでいます。

公式戦としては5年生まで全員が参加する高専体育大会、3年生以下が参加する高校総体などがあります。その他に市内で開催されている交流大会、仙台(名取)高専・仙台(広瀬)高専との交流戦、東北地区高専新人大会などの対外試合があります。

部員数

男子 15名

女子  1名(マネージャー)

※H28年11月現在5年生を除いた部員数です。

最近の記録

■平成28年 5月 第68回岩手県高等学校総合体育大会 2回戦進出

■平成28年 7月 第53回東北地区高専体育大会 第3位

■平成28年11月 平成28年度岩手県高等学校新人大会県南地区大会 準決勝進出

(平成29年1月開催の第62回県大会への出場権獲得)

中学生の皆さんへアピール

試合中のミスをみんなでカバーしようとするチームワークに優れている部です。そのため、一人ひとりが自らの技術力向上のため日々練習に励んでいます。部員の中には中学時代に他の部に所属した人もいたりしますが、練習と試合経験を積みながらバスケットも上手くなっています。

チームの目標は全国高専大会への出場であり、厳しい中でも声を掛け合い、励まし合いながら練習し、みんなで楽しい時間を過ごしています。マネージャーもそのような部活動を支え、見守ってくれています。

バスケットボールの選手として頑張ってみたい人、そんな選手を励まし部活動を支えてくれる人など、選手やマネージャーとして一緒の時間を過ごしてくれる人をバスケ部はいつでも歓迎しています。バスケットボールに関心のある人は部活動の様子を見て入部を考えてください。

サッカー部

サッカー部

普段の活動場所は陸上グラウンド・トラックの内側です。公式の試合は、高校総合体育大会、高校サッカー選手権(予選)、高専体育大会、新人戦(予選)です(試合数の多いIリーグには参加していません)。近隣の高校と練習試合は行います。この他、一関社会人リーグ戦・カップ戦、一関サッカー協会長杯戦にも参加してきました。高専全国大会への出場は5年連続も含めて10回ほどになります。高専サッカー連盟が行う3年に一度のドイツ遠征にも過去2名選ばれて参加しています。

部員数

男子 30名

女子  1名(マネージャー)

最近の記録

■第68回岩手県高等学校総合体育大会サッカー競技

対盛岡誠桜高校戦:敗退

■第53回東北地区高等専門学校体育大会 八戸大会

対仙台高専名取1:1でPK敗、対秋田高専戦2:1で惜敗

■第95回全国高等学校サッカー選手権大会岩手大会予選会

対雫石高校戦:勝利、対紫波総合高校戦:勝利、対久慈東高校戦:惜敗(県大会出場を逃す)

■岩手県高校新人サッカー大会予選会

対雫石高校戦:勝利、対花巻北高校戦:惜敗(県大会出場を逃す)

■一関社会人リーグ

2位、カップ戦優勝

中学生の皆さんへアピール

サッカー大好きなメンバーが大勢入部しています。炎天下、雨の中でもできるスポーツです。ユニフォームは3年に一度のペースで更新しています。

1,2年生が多い部です。3年生以上は、個人技とリーダーシップに優れた選手ばかりです。高専祭の企画では「焼きそば」の屋台を運営しています。OB会もあって、ワールドカップ開催年に定期開催され、OB戦を楽しみ、交流しています。

柔道部

柔道部

少人数ですが、基本的な練習をしっかり、楽しく続けています。

部員数

12名

主な試合予定

4月下旬 高総体県南地区予選

5月下旬 高総体県大会

7月上旬 東北地区高専体育大会

9月上旬 1・2年体重別大会

9月下旬 新人大会県南地区予選

10月中旬 三校交流戦

10月下旬 新人戦県大会

10月下旬 一関選手権大会

中学生の皆さんへアピール

初心者も大歓迎です。

剣道部

剣道部

剣道部は本校の武道館で活動しています。武道館は柔道部と共用なので少々手狭ですが、練習メニューを工夫するなどして頑張っています。不定期ですが7段の外部コーチの先生に指導頂く機会も多く、技術的な向上の環境も整っています。大会前には土日の練習もあります。また仙台高専との交流試合も行われます。

高専東北大会・全国大会が全学年を通じて最も重要な目標となっています。また、1~3年生は、高総体、岩手県高校新人戦を目標として日々鍛錬し、錬成会などにも参加しています。最近3年間は、連続して春の岩手県高校選抜大会(男子団体)にも選抜されて活躍しています。昨年度の東北高専大会では、女子団体戦が初めて公式競技に採用されましたが、この記念すべき大会で優勝することができ、しかも個人戦とダブル優勝の快挙を達成しました。

部員数

男子 18名

女子  4名

最近の記録

■平成27年度岩手県高等学校体育大会 予選リーグ敗退

■第52回東北地区高等専門学校体育大会 男子団体 6位

■第52回東北地区高等専門学校体育大会 女子団体 優勝

■第52回東北地区高等専門学校体育大会 女子個人 優勝

■第58回岩手県高等学校新人大会 決勝トーナメント2回戦敗退(ベスト8)

■平成28年度岩手県高等学校体育大会 予選リーグ敗退

■第53回東北地区高等専門学校体育大会 男子団体 6位

■第53回東北地区高等専門学校体育大会 女子団体 4位

■第59回岩手県高等学校新人大会 予選リーグ敗退

中学生の皆さんへアピール

剣道部での活動は高専での生活、また人間形成において、健全な心身の鍛練に役立ってくれるはずです。コミュニケーションの基礎にあるもっとも重要なポイントは、他者への配慮と礼儀です。剣道を通じて自然と身につくこうした美質は日本的価値の根幹でもあります。丁寧に袴をたたむ所作、スッと伸びた背筋は、その人に美しさと気品とを添えます。

国際化・グローバリゼーション潮流の中で、最も重要なことは、多元的価値の尊重であり、また異文化への共感的まなざしです。自らの文化を知り得ないものが何を語り得るでしょうか。国際(インターナショナル)とはInter Nationalであって、無国籍ということではないのです。仏リール工科大学に短期留学した部員は、フランスの剣道サークルと楽しく交流できてよかったと、とても嬉しそうに語っていました。グローバルな世界で意味を持つ価値は個々の文化の最良の価値です。高専生活を通じて剣道に励み、胸をはってグローバルに活躍できるエンジニアを目指すのはとても素敵なことではないでしょうか。

ハンドボール部

ハンドボール部

ハンドボールは、片手でつかめる大きさのボールを扱うスポーツです。6人のコートプレーヤーが40m×20mのコートを走りながらパスをつなぎ、ゴールキーパーが守るゴールにジャンプながらシュートします。スピード感のある攻防の連続と迫力のあるシュートが魅力のスポーツです。

一関高専ハンドボール部は全国高専大会で優勝することを目標に掲げ、水曜日以外の平日は外コートで、水曜日と土曜日は体育館でチーム一丸となって練習しています。

部員数

男子 18名

女子  2名(マネージャー)

最近の記録

■平成28年度 第53回東北地区高等専門学校体育大会 秋田大会 準優勝

■平成27年度 第52回東北地区高等専門学校体育大会 一関大会 優勝

■平成26年度 第51回東北地区高等専門学校体育大会 八戸大会 優勝

■平成25年度 第50回東北地区高等専門学校体育大会 仙台大会 優勝

中学生の皆さんへアピール

ハンドボールは皆さんにとってあまりなじみのある競技ではないかもしれません。でも、安心してください。部員のほとんどが未経験の状態から始めました。また、寮生会や学生会の一員も在籍しており、先輩との縦のつながりも強いので楽しく活動することができる部活です。

硬式テニス部

硬式テニス部

硬式テニス部は野球グラウンドの隣のテニスコートで活動しています。オフは火曜日と日曜日です。普段は主に基礎練習をしています。

大会は新人戦、高総体以外にも自由参加の大会が複数あり一般の大会にも、出られます。

部員数

26名

最近の記録

■東北春季jr 予選

シングルス 第4位  ダブルス ベスト8

■チャレンジャーズ

シングルス 準優勝

■東北高専大会

団体 第3位

中学生の皆さんへアピール

先輩が優しいので、低学年も仲良く楽しく活動してます。経験がある人はもちろん、ない人も大歓迎です!

硬式テニス部-紹介動画

硬式テニス部 PR動画

水泳部

水泳部

春は歓迎会・夏は真剣に競泳・秋は一丸となってシンクロを・冬は穏やかに筋トレを行っております。一関高専水泳部です。今年は女子部員も増え、競泳のレベルも上がり、なんと女子のリレーでも全国大会に出場することが叶いました。また、シンクロではプールがない状況ながらも二公演行うことが出来ました。時には真面目に、時には楽しくをモットーに大人数で和気あいあいと活動しています。

部員数

男子 26名

女子 10名

最近の記録

■高総体(H28)

男子100m背泳ぎ8位

■東北高専大会(H28)

男子50m自由形3位 女子50mバタフライ3位 男子100m背泳ぎ3位 男子200m背泳ぎ2位 男子平泳ぎ1位

女子200mメドレーリレー2位 女子200mリレー2位 女子400mリレー2位

7名全国高専大会出場

■江刺クリーンパーク(11月)100万人達成記念イベント参加

中学生の皆さんへアピール

先輩が優しいので、低学年も仲良く楽しく活動してます。経験がある人はもちろん、ない人も大歓迎です!

バドミントン部

バドミントン部

バドミントン部は高体連の大会はもちろん、社会人の大会にも出場し、活躍しています。高体連チーム(男子)は県南地区で団体、個人共に連覇を続け、県大会ベスト8を保ち、ベスト4を目指しています。女子も久しぶりに団体で県大会出場を果たしました。夏の高専大会では全国大会に毎年出場しています。市民大会、OB戦、4高専交流戦などのイベントでも交流を図っています。OBは県総合選手権や、市町村大会、県民大会の代表として活躍しています。高専入学時に競技を始める人でも楽しく5年間続けられます。

部員数

男子 27名

女子  8名

最近の記録

■平成28年度

岩手県高校総体地区大会 男子D優勝、男子S優勝・準優勝

東北地区高等専門学校体育大会 男子個人S3位、女子団体2位(全国大会出場)、女子個人S3位

岩手県高校新人戦地区大会 男子団体優勝、男子S優勝・3位

岩手県高校新人戦県大会 男子団体ベスト16

■平成27年度

東北地区高等専門学校体育大会 男子団体優勝(2連覇)、女子団体準優勝,男子S3位,女子SD準優勝・3位

■平成26年度

東北地区高等専門学校体育大会 男子団体優勝、女子団体3位、男子D2位S優勝・準優勝・3位、女子D3位

中学生の皆さんへアピール

練習は5日、3面使用。大会だけでなく、練習試合や練習会、イベントも多く、競技を通して、たくさんの人たちと交流ができ、自分自身の成長の糧となります。初心者でも5年間で驚くほど上達した先輩もいます。競技志向の強い部活ですが、多くの物が得られます。

空手部

空手部

現在一関高専空手部は10名在席しており、高総体には出場しておりませんが各自道場に入門し道場や大会で培った技術を自らのものにして部活動にて広めております。稽古内容としては筋トレやミット打ち、移動稽古、スパーリングを行っております。

部員数

男子 10名

最近の記録

特になし

中学生の皆さんへアピール

大部分の部員は入部するまで格闘技を経験したことはありませんが、すぐに強くなれます。時折、打撃、組み技、関節技を用いた稽古もするので護身術にいかがですか?。

卓球部

卓球部