• Division of
  • Chemical Engineering
  • and Biotechnology
化学・バイオ系

新着情報

化学・バイオ系とは

化学製品を効率的に生産するための「化学工学」と、微生物や酵素を利用するための「生物工学」にかかわる化学・バイオ系分野の技術を学びます。さらに、生活を豊かにする化学製品(プラスチック、医薬品、食品、新素材など)の製造や環境・エネルギー問題を解決できる技術を身に付け、応用的な分野でも活躍できる次世代の化学系技術者を養成します。

化学・バイオ系 学習内容

化学・バイオ系の3つの特徴

1.基礎から専門まで広がる学習内容

  • ●2・3年では、物理や数学、さらに化学の基礎を学習します。
  • ●4・5年から専門的な「化学工学」と「生物工学」を学習します。

2.全ての学年で行う充実した実験

  • ●1年では、全ての学生がものづくり実験実習で化学実験の基礎を修得します。
  • ●2・3年では、分析化学、無機化学、物理化学、有機化学などの基礎的な実験を行い、基礎技術を修得します。
  • ●4・5年では、最先端の分析装置や設備を使用して、専門的な実験を行います。

3.多様な分野における卒業研究

  • ●4年から、「化学プロセス」、「生物機能」、「加工・マテリアル」、「環境・エネルギー」の4分野から選択して、より専門的な学習を行います。
  • ●学修した知識や経験を活かして、教員の指導を受けながら卒業研究を行い、最後に研究成果を発表します。

エネルギー変換工学

機構システム学

材料工学

流体力学

分析・無機化学実験(2年)

化学分析や物質の合成などを通して、化学実験の基礎を学びます。

化学工学・バイオ実験Ⅱ(5年)

化学工学実習工場にあるパイロットプラント規模の装置を扱います。

化学工学・バイオ実験Ⅱ(5年)

発酵食品、抗生物質などの生産に必要な微生物の取扱を修得します。

化学・バイオ系 専門分野科目

2年
  • ■分析・無機化学実験
  • ■分析化学
  • ■無機化学I
3年
  • ■有機化学実験
  • ■物理化学実験
  • ■有機化学Ⅰ
  • ■有機化学Ⅱ
  • ■物理化学Ⅰ
  • ■基礎化学工学Ⅰ
  • ■単位操作
  • ■基礎生物工学
4年
  • ■化学工学・バイオ実験 I
  • ■無機化学Ⅱ
  • ■有機化学Ⅲ
  • ■反応工学
  • ■物理化学Ⅱ
  • ■物理化学Ⅲ
  • ■応用数学
  • ■機器分析
  • ■情報処理
  • ■基礎化学工学Ⅱ
  • ■生物反応工学
5年
  • ■化学工学・バイオ実験Ⅱ
  • ■物理化学Ⅳ
  • ■確率統計
  • ■化学プラント設計Ⅰ
  • ■化学プラント設計Ⅱ
  • ■環境工学
  • ■機械・電気工学概論
  • ■計測制御工学
  • ■無機材料化学
  • ■高分子化学

化学・バイオ系 教員一覧

職 名 学位・称号 氏 名 専門分野
教 授博士(工学)貝原 巳樹雄分光学、情報化学、知的財産教育
博士(農学)戸谷 一英糖鎖工学、酵素利用
博士(工学)二階堂 満粉体工学、無機材料化学、工業物理化学
博士(工学)佐藤 和久化学工学、反応工学、分離工学
博士(理学)大嶋 江利子固体化学、無機材料化学
准教授博士(工学)渡邊 崇水産工学、水産利用学
博士(理学)照井 教文分析化学、電気化学、環境化学
博士(工学)福村 卓也化学工学、反応工学
博士(農学)中川 裕子分子生物学、遺伝子工学、酵素工学
博士(工学)滝渡 幸治トライボロジー、潤滑技術、表面科学
博士(理学)岡本 健有機金属化学、高分子化学、立体化学
助 教博士(工学)木村 寛恵 化学工学、応用分子化学、物性・分子工学
嘱託教授準学士(工学)梁川 甲午触媒・資源化学プロセス、木質科学
◯:系長