• Technical Office
技術室
技術室

技術室長挨拶

一関高専の技術室は、高専教育の柱をなす実践的技術者教育の要である学生実験・実習を主に支え、技術長を中心とした11名で構成されています。学生の実験・実習及び卒業研究・特別研究等の技術的指導に関することをはじめ、教員の教育研究活動や学生の課外活動、学内共同利用施設や、学外との共同研究、地域貢献における技術支援など、幅広い分野で支援を行っています。

さらに、日常業務に加え、自らの専門分野について新技術の吸収や研究を行って専門性を深め、対外的な広報活動を行うことは極めて重要です。そのための内発的なプロジェクト活動も行っています。これらは指導スキルの向上として実験・実習に還元されるだけなく、地域企業の支援にもつながります。技術職員は高専生・地域企業技術者に対する資格試験受験支援、小中学校生に対する出前講座支援など人材育成事業にも携わっています。

高専での実験・実習は、将来の実践的技術者を目指す上で極めて重要な科目です。学生自身が、実験・実習を通して科学と工学の面白さと醍醐味を知り、さらに、今後の持続可能社会形成のため重要となる工学の必要性を認識し、学生たちが常に「自らで考え」ながら「自主的」に課題解決に取り組む姿勢が大切となります。技術職員は、実験・実習の技術支援などにおいて学生と大変近い関係にあり、学生の「自発的な学び」ということに大きな影響を与えていると考えます。

高専教員と技術職員が密に協力しながら、学生の教育研究や地域連携活動に参画し高専の更なる発展に貢献したいと考えています。引き続き皆様のご協力とご支援をお願い申し上げます。


技術室長  二階堂 満